ことだまいり

令和三年のお正月、新しい参拝のかたちが石穴の杜から生まれます。

日本全国から太宰府へ。

祈りの「言の葉」を三つの「かたち」ではこびます。

書のかたち

人々のことばを「書」につづる、書家が取り持つ「祈り」のかたち。

「書」のかたち

文(ふみ)のかたち

皆さまから届く願いの「メッセージ」を、宮司拝礼で神へとつなげる「言づて」のかたち。

遊びのかたち

スマートフォンの「アプリ」から、一人一人が祈りを送る「楽しい」かたち。

「遊び」のかたち